loading
Muneji Toh Architects

貝殻と灯り

貝殻を用いたランプを考案した。海に眠る貝殻は人の手を加えることで美しい表情をみせてくれる。ここ数十年で貝殻を磨く技術が向上し、割れないようにかつ極限まで薄くすることで、貝殻がもつ本来の美しさが露わになる。薄く磨かれた貝殻は光を透過し、さらに美しい色や模様をみせてくれる。世界中の様々な環境で育った貝殻はそれぞれに色や模様が異なり、独自の美しさを醸し出す。それら様々な貝殻を用いて、壁掛けのブラケットランプを作成した。照明によって壁から貝殻が浮び上がる。表層にみえる真珠層部分からは光が透過して、照明を灯すと貝殻が別の表情へと変化する。人が創りだす人工の色や形では真似できない自然の美しさがある。

那の川事務所 SALON空間の壁掛けブラケットランプとして貝殻が灯る。

Deep Green Abalone

Paua Abalone

自然物であるため、同じ種の貝殻でも1つ1つ表情や形が異なる。

職人による特殊な磨き方により、貝殻が美しく輝きだす。

Madaka Abalone

磨き方により、貝殻の表情が変化する。

極限まで薄く磨かれた貝殻。

自然光に翳すと貝殻の美しき色が浮び上がる。

世界の貝殻たち。

※プロダクト単体よりも、プロダクトと共に空間全体をご提案いたします。お問い合わせは、contactよりお願いいたします。