loading
Muneji Toh Architects

樹脂の赤い灯り

ヤニ / 樹脂を多く含んだ松を用いたランプを考案した。樹齢数百年を超える樹脂を多く含んだ松から採取できる大変貴重な材である。長い年月をかけて蓄積された松の脂は他の樹脂とは異なり、光を捉えると赤黒い色を放つ。この独特の色こそ、松の樹脂の色である。木工職人により、特殊な技術で薄く加工された松は照明によって、赤黒く妖艶に灯る。

木工職人により薄く加工された松は、照明の灯を透過する。

火山マグマのような神秘的な表情に。

赤黒く妖艶に灯る。

こちらは、削りたての樹脂を多く含んだ松。杢目と樹脂が同時に浮び上がり、美しい模様をつくる。経年変化により、樹脂が全体に浸透していき、表層は美しい飴色へと変化する。また、日々手入れを施し、磨き上げることで自身の脂でコーティングされ、ガラスのように美しく輝き出す。樹脂の多い木材ならではの経年変化は、孫の世代まで長きにわたり素材の美しさを楽しめる。

これからの経年変化を楽しむ。

照明の灯りで、杢目と樹脂が同時に浮び上がり、美しい模様をつくる。

※プロダクト単体よりも、プロダクトと共に空間全体をご提案いたします。お問い合わせは、contactよりお願いいたします。